会社概要

代表挨拶
「お葬式をしなければいけませんか?」
株式会社ベルハース
代表取締役 林 直哉
令和時代になり、少子高齢化の背景から多様化した現代では、こんな質問をされてもおかしくない時代となりました。
「お葬式」は
何のために
あるのでしょうか?
私は「お葬式はなくなる」と社員に常々教えています。
ただ、それは「従来のお葬式は」という意味です。現に、やるかやらないかを選択することがしばしば起こっています。それはなぜでしょう。

ここでいう「従来のお葬式」とは宗教行事としてお葬式の意味も分からず、何も考えずに形式に沿った「ただの作業としてのお葬式」です。宗教を否定しているのではありません。その本来の意味をきちんと伝わっている場合と、伝わっていない場合が存在するのです。

伝わっていない場合は作業的にならざるを得ません。意味を理解していませんから。「お葬式」と言いますが、一旦切り離してみてはいかがでしょうか?何を切り離すかというと、「家族とお別れをする」ということと「宗教行事としての作法」です。これは心理的に別のことです。しかし、一言でお葬式という表現で片づけてしまっているケースが多くあるように思います。

たとえ、「お葬式」をしないとしても、「お別れ」はするのです。それがどんな形であっても。
そして、これはお葬式の特性として元々持っているのです。お葬式は尊いことなのです。それが家族のことだからです。
そのお別れが、悲しみの中にあることは変わりないのですが、同時に「今まで家族として一緒にすごしてきた大切な故人様への感謝の気持ちを表す場」でもあります。
「この人には
本当にお世話になった」
「昔一緒に
あんなことしたときは、
楽しかったね」
「一生懸命
こういうことをしたよね」
「この人のおかげで、
私たち親族があるんだなぁ」
そこに表れる、ご家族やご縁のあった方々とのあたたかい思い出。
この側面に触れたとき、家族はとても温かい気持ちになります。
ここの時間や空間を作り出すお手伝いをすることがベルセレモニーの使命です。
わたしたちはお葬式に対するミッションとして
「お葬式に価値を。家族に絆を。」
と掲げています。今、改めて葬儀の価値が問われています。
宗教者の方がするべきところはもちろんしっかりしていただき、ご家族が納得のいくお別れの在り方、時間の過ごし方、感謝の伝え方、これは多様化しており、自由です。それぞれのご予算の中で自由にすればいいのです。
これはまさに宗教行事を超えて、人間としての倫理観だと思います。ここがお葬式という「お別れ会」に価値をもたらすのです。
私たちベルセレモニーはご遺族様の言葉にできない「してほしいこと」に意識を傾け、主役となる故人様が喜んでくれるようなご家族の過ごし方を創れるよう一生懸命尽くさせていただきます。
お葬式は教育であり、
お葬式は「体験学習」の機会を
与えてくれるものです。
大切な家族のお別れという特別な時間から学ぶもの。
それは決して他では得ることのできない大変貴重な体験になるはずです。
そして、その貴重な体験をすることで、今の家族がもっと絆が強くなり、先立たれたご家族である先祖を敬い、その思い・考え・姿勢を見た子供や孫が得る人間性を醸成するもの。
これこそかけがえのない家族の財産だと思います。それがお葬式がもたらす本当の姿だと考えます。

経営理念

全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に
地域経済発展・現在社会のモラルアップに貢献する

会社概要

会社名 株式会社 ベルハース(旧 株式会社おにし堂)
所在地 ・ベルセレモニー本郷
 〒375-0024 群馬県藤岡市藤岡2434
・ベルセレモニー火葬場前
 〒375-0024 群馬県藤岡市藤岡771-1
・ベルセレモニー鬼石
 〒370-1401 群馬県藤岡市鬼石885-1
・ベルセレモニー中栗須
 〒375-0015 群馬県藤岡市中栗須254-4
・ベルセレモニー前橋天川
 〒371-0803 群馬県前橋市天川原町2丁目3番1
電話番号 ベルセレモニー本郷 0274-24-4444
創業した年 1907年
代表者 代表取締役社長 林 直哉
資本金 1,700万円
従業員数 25名
事業内容 総合葬祭業(葬儀全般、葬儀施行、葬儀会館運営、霊柩貨物自動車運送業、物販売)
前橋エリア
藤岡エリア