群馬(藤岡市・高崎市・多野郡)・埼玉(児玉郡)のお葬式・葬儀・家族葬ならおにし堂ベルセレモニー

  • ベルセレモニー
  • 通話無料
  • ベルセレモニー
ブログTOP>【葬儀】「タブー用語」と「言葉のマナー」

【葬儀】「タブー用語」と「言葉のマナー」

こんにちは
ベルセレモニー 一級葬祭ディレクターの林です。

 

結婚式や受験生に対して使ってはいけない「タブーの言葉」というと何となくイメージが湧く方も多いと思います。

 

お葬式の時や遺族に対してタブーと言われる「NGワード」や「忌み言葉」など、使ってはいけない言葉の存在は知っていても、具体的に聞かれるとなかなかすぐには思いあたらない事でしょう。

 

今回は、お葬式に使ってはいけない言葉と悲しみ深い遺族に対して配慮した言葉も併せてご紹介します。

NGワード タブー

 

■宗教上でのNGワード

 

日本人は世界に比べて他の宗教や宗派の方に対して寛容な国民と言われていますが、とはいえ、お葬式では宗教形式で行われることも多く、最低限の配慮は必要です。

 

●仏教用語として

「成仏」

「往生」

「冥途」

があります。

可能な限り神道やキリスト教などの葬儀の際には控えましょう。

 

 

●「ご冥福をお祈りいたします。」の意味

よくテレビのニュースなどの訃報の最後に「ご冥福をお祈りいたします」とよく耳にすることがありますが、葬儀に携わっている者としてあまりふさわしくないと考えてしまいます。

 

【冥福】という言葉には「旅の終わりである【冥途】に無事にたどり着き、成仏して幸せになってください」という意味が含まれているとされています。(所説あります)

 

ここでいう「旅」とは、成仏までの旅(49日間の旅の中で7回の審判を受ける)は楽とは言えない旅です。

しかしながら、同じ仏教の中でも【即得往生】の考えを持つ浄土真宗系などの宗派では「旅」の概念はありません。

つまり、【冥途】の考え自体ないのです。

亡くなった方がキリスト教や神道であった場合は使うべきではありません。

 

とはいうものの、遺族の親族は別として、一般の方は事前にお葬式の宗旨・宗派を知ることは難しいかもしれません。

遺族と顔を合わせたときは、「お悔みを申し上げます。」というご挨拶は、どのような宗派でも使用可能です。

 

 

■「忌み言葉」お葬式で使いえないワード

 

忌み言葉やタブーの言葉の種類はいくつかあります。いずれも今回起こった「不幸が続く連想」をする言葉です。

 

●重ね言葉(不幸が重なる連想)

「重ねて」
「重ね重ね」
「いよいよ」
「ますます」
「たびたび」
「再三」
「重々」

 

 

●【死】が直接連想する言葉

「死ぬ」
「生きる」
「死亡」
「生存」

「死ぬ」は「亡くなる」とか「生きている時」は「ご存命の時」

など柔らかくした表現に変えます。

 

 

 

■遺族に声をかける時の注意点

 

知人や親族のお葬式に参列した際に喪主・施主や遺族に顔を合わせる機会があると思います。

そこで注意したいことや伝えては良くない言葉をお話しします。

 

 

●お悔みの言葉は最小限に

 

遺族のためを想い、「励ましの言葉をかけて元気を出してほしい」と思う方も多いと思います。

しかしながら、葬儀の間の遺族はたくさんのすべきことや考えなくてはならない事がたくさんある中で、会葬者へのご挨拶も同時に行います。そんな中での長いお話はNGです。逆に迷惑になる場合もあります。

挨拶は最小限に行い、お話をしたいことがあれば様子を伺い余裕があるようでしたら改めてお話をするようにしましょう。

 

 

●言葉選びも慎重に

 

悲しみ深い遺族に対して安易な励ましの言葉は避けるべきです。

例えば

「あなたがしっかりしないと」
「故人がかわいそう」
「元気を出して」
「あの時もう少し〇〇をしてあげられたら」

このように励ましのつもりでも強い励ましや後悔を連想させる言葉は、逆効果になりかねません。

「困ったことがあったらいつでも言ってね」
「この度はお悔やみ申し上げます」
「心情をお察し申し上げます」

このように同調や寄り添うかたちの表現のほうが遺族の心の負担になりません。

もちろんお付き合いの度合いもあるかと思いますが、どちらにしても励ましは強くなりすぎないように注意しましょう。

 

 

まとめ

・お葬式や遺族には「NGワード」や「忌み言葉」などタブーが存在します。

 

・NGワードには宗教上と重ね言葉や死を連想する言葉があります。

 

・葬儀の際に遺族に声をかける際は短めに。強い励ましの言葉は避けましょう。

 


ベルセレモニー総合電話窓口 0120-474-645


藤岡市の葬儀会社はこちら

 


葬儀の資料請求はこちら